乾燥肌を改善するクレンジング

乾燥肌は、外部の刺激などによって角質層が傷つき、肌の保水力が低下している状態です。

そのため、普段から保湿を心掛けるとともに、クレンジングの時も、角質層の細胞間脂質や天然保湿因子、皮脂など、肌の保水力を高める機能を損なわないよう、優しくマイルドに行う必要があります。

一つ上のクレンジングの乾燥肌ならこちらが人気です。

クレンジングの時に気をつけなければいけないのは、摩擦と過度の洗浄です。

goo ニュース関する情報探しのお役に立つサイトです。

角質層は水に濡れてふやけるとはがれやすくなるので、摩擦は禁物です。

また、洗浄力を高めるために配合されている界面活性剤は、メイクだけでなく、肌に必要な細胞間脂質なども洗い流してしまいます。
そうすると、どんどん乾燥肌が加速してしまいます。
乾燥肌のクレンジングは、こすらずに落とせるタイプのものがベストです。

ふき取りタイプではなく、クリームタイプや乳液タイプ、ジェルタイプがおすすめです。
また、マイルドすぎるものは、なかなか汚れが落とせず、結果的に肌に刺激を与え、角質層を傷つけることになりかねないので、素早く汚れが落とせるものが良いでしょう。
目の周りなど、メイクの濃い部分は洗浄力の強いもの、その他の部分はマイルドなものなど、部位に合わせて使い分けるのも有効です。
しかし、あまりにも乾燥が激しい時は、クレンジングはせず、石鹸だけでメイクを洗い流すようにするのも一つの手です。こすりすぎや過剰な洗浄を避けることにより、肌の乾燥を防ぎ、より健康的で潤いのある肌に近づけるでしょう。